2019年★小中学生に人気の福袋紹介

授業参観中は静かにしましょう|授業参観で保護者が思うこと

授業参観、普段の子供の様子を見ることが出来る機会。親御さんたちは楽しみにしてますよね。子供はドキドキ。

静かにしましょう。

子供じゃないです。親ですよ。やっぱり、ざわざわ、ガヤガヤしてますねぇ。

後ろの席のね、わが子が帰ってきてから言ってました。『先生の声が聞きづらい。お母さん達の声がうるさい』って。

あー、確かに。

授業参観って、情報交換の場でもあるんだけど、父兄も、そりゃ小声で話してはいるんだけど、でも、子供からしてみたら気になるんですよね。今って、お父さんも来ていて、教室がいっぱいなんです。後ろに父兄がずらーっと。席と近いの。もう、取り囲まれているように並んでるの。その状態で話されると、ただでさえ緊張してるのに集中できない。

ギャラリーがいるとね、テンションが上がっちゃう子もいると思うけど、わが子はそんなタイプではない。

夫婦で来ていたら話しちゃうでしょう。ママ友達と一緒なら会話が弾んじゃう。

そら

あなたは大丈夫ですか?

グループ発表の他の子の声が聞こえない。机をグループ行動の班に移動しなさいと言われて困ったと。お母さん達、話に夢中で、気付いてくれないから、机が動かしづらかったよ と。

そうだね。私も近くにいたから。困ってるなぁと思ったけど、すみませんとも言えない。そのうちに、気付いたお母さんが空間をあけてくれた。

廊下で話しましょう。私も、話したいことがあって、廊下で話してました。奥に入っちゃうと出づらいのもわかります。後で話しましょうって言いづらいですよね。けど、帰り道に、ゆっくり話してください。

通達に書いてあります。授業参観中の私語は慎んでください。子供たちが集中できないことがあります と。先生も、あえて注意はしないです。そこまではしない。

挨拶程度、授業内容、発表でくすっと笑ったり、拍手したり、そういう反応はいいと思うんですよ。シーンとしているのも不自然です。子供たちも、親御さんが反応してくれた方が、やる気がでます。

わが子の声が小さいってのもあるけど、グループ発表の声が聞こえない、内容がわからなくて残念でした。私は、どちらかというと ポツンといるので、周りが見えるのですが、話していると見えないのかな。

下駄箱のところで、お母さん達が、『今日ランチ何にする? 』って会話が聞こえてきました。帰りにランチの約束をしていたんですね。まぁ、ぼっちには無縁な話なんですけど、仲のいいお母さんが固まるのもいいと思う。交流が上手。

場所を考えることです。その後に情報交換で盛り上がったら、いいと思う。早めに行って、授業参観の前に交流するのもいいですね。休憩中の子供の様子も見られます。校庭で遊んでいる姿を見ながら談笑する。

そら

授業参観中は静かにしましょう(*^_^*)

あと、貼り出してある絵や習字の批評もやめましょう。誉めあうのもいいんだけど、案外、子供って聞いてます。比較するのもいいんだけど、帰ってからにしましょう。

親は子供達の見本にならないといけないです。見られています。これは、私自身にも言えることですね。

そうそう、たまーにね、『お母さんの中で誰か発表してください』と言われることがあります。その時が一番、教室内が静かです(;’∀’) 下を向く。空気となる。存在を消す。当てないでくれと祈るのだ。

あの・・『なるべく手を挙げなさい。発表しなさいよ』と子供には言ってるんですけどね・・。ここで、かっこよく手をすっと挙げ・・・られないです。わが子よ、勇気がない母で、ごめんよ。