2019年★小中学生に人気の福袋紹介

ブログのコメント欄は必要か|メリット・デメリット

まだ、このサイトを作って1ヶ月弱。久しぶりに作ったサイトですが、少しずつ、記事を書くことに慣れてきました。まだまだ、方向性は定まっておらず、試行錯誤の状態です。思うがままにやってます。

そら

コメント欄をどうしよっかな

コメント欄は閉鎖しています。まだ、アクセス数が少ないので、開放しても来ないのが現状ですが、今後の方針を考えてみます。

コメント欄のメリット

コメントって来たら嬉しいよね。記事を読んでくれて、反応がわかるので、モチベがあがる。初めて、コメントを貰った時のことを、よく覚えています。

意見をもらえて参考になる。間違いに気づくこともある。やりとりを他の人が見たら、活気があるように見えるし。

以前は、コメント欄を活用していました。マタニティ日記、育児日記、ゲーム攻略日記。たくさんの人と交流できました。悩みごとを共有して、リアルでも仲良くなった人もいる。

プレママ、同じぐらいの子供がいるママ同士、共通の趣味など、その分野に特化したブログであれば、同じような人との交流は楽しいし、ブログを書く励みになります。読者が増える。

コメント欄のデメリット

コメントを気にする。来ないと寂しい。否定的な意見、ディスられると傷つく。凹む。モチベが下がる。書きたくなくなる。トラブルの元になる。

スパムが来る。管理に時間がかかる。プラグインを入れたり対処しないといけない。

コメント欄のやり取りが続くと、時間が取られる。コメントの返信に気を遣う。たくさんのコメントが連日来ると、返信だけで、かなりの文字数となる。記事を書く時間がなくなっちゃうんですね。

かといって、放置は良くない。落ち着いたら返信します って言ってるうちに月日が流れてしまう。コメントに追われる。記事を書く方が大事なのに、コメント返信で疲れてしまう。本末転倒である。

スペースが取られる。表示が遅くなる。今は、スマホで見る人が多い。小さな画面だと、下にダラダラと続き、見づらく、広告欄も下に下がる。そうすると、現実的に収益にも影響が出る。

ブログのジャンルと性格による

メリットとデメリットって、矛盾している。紙一重なんです。いいとこ取りすればいいんだけど、適度に がいいんだけど、相手がいることで、そうは都合よくいかないもの。

一つのジャンルに特化しているならメリットが上回る。このサイトはノンジャンルなので、要らないかな。

今は、ツイッターなど、他の手段もあります。あえて、コメント欄にこだわる必要がない。

ブログは、見た目も、すっきりとさせといた方がいい。

コメント欄のやり取りだと、晒されている状態になる。ストレートに気持ちを書くと、その内容によっては、賛否両論がある。どちらの意見も受け入れる度量が必要。

受け流すこと、傷つかない心。鉄のハート。その覚悟がないんだったら、コメント欄は開放しない。気にしちゃう性格だから無理です。

長く続けたい。マイペースに気楽に効率よくやっていきたい。好きなことを好きなように書きたい。読み手を意識し過ぎないようにしたい。記事を書くことにだけに時間を使いたい。

結論は

コメント欄はなし で、当面はやっていこうと思います。

ただ、意見が送れる場所は作りたいと思っています。ご意見・ご感想を送っていただける問い合わせフォームを作成します。

一方的な発信でどうかと思ったりもしますが、まずは、記事を書くことに専念します(*^-^*)

コメント欄で悩んでいる人は、もう負担になっているということだから、コメント欄をなしにするのがいいと思います。余裕が出来た時に、また考えればいいのです。