2019年★小中学生に人気の福袋紹介

年賀状の移り変わり|消しゴムスタンプで楽しく年賀状作り

年末です。忙しいです( ;´Д`) 年賀状、子供の分も含めて やっと出し終えました。ギリギリです(;^ω^)  今日は年賀状のお話をしますね。

もう出しましたか? まだ年賀状 続けていますか?

年賀状の進化と衰退

心が温まる個性が光る手書き時代

私は、ちゃっちゃっとパソコンで作成してしまった年賀状ですが、小学生の娘は 消しゴムスタンプを押していました。冬休みに入ってから やり始めたんですが、その分 時間がかかりました。

子供は特に 手間がかかった年賀状の方が 貰った側も嬉しいですよね。

私も 昔は絵を描いたり、貼り絵をしたり、シールを貼ったり、スタンプを押したり、今年はどんなのにしようって考えては、一枚ずつ年末に時間をかけて 楽しくやっていました。

宛名も筆ペン。失敗しないようにドキドキ。一大イベントでしたね。届く年賀状も多種多様で 元旦が待ち遠しかった。みんな手書き。文章がたくさん書かれていた。

手書き、手作りは その人の個性が光る、気持ちが伝わる。今も大切に保管しています。久しぶりに20年以上前の年賀状を引っ張り出して眺めてみました。みんな元気かな?

プリントゴッコの時代

知ってますか? あれ、画期的で楽しかった。旦那が倉庫に保管していると言ったので探したんですが、見つかりませんでした(^▽^;) なんでも捨てない人なので、どっか奥にあることでしょう。

バブルの頃は使ってましたねー。忙しい時に助かりました。2008年に販売終了なんですね。

自分で図案を考えて、インクを選んで、ピカッとやって、1枚ずつペッタンして乾かして。ちょっと失敗したり、手作り感、インクの味があって、こういうのって子供が喜んでやりたがると思うんだけどな。

プリントゴッコ+手書きが多いですね。イラスト部分が奇麗な印刷に変わった。

パソコン・年賀状メールの時代へ

家庭にパソコン・プリンタが普及して、写真もデジカメで撮り、自宅で写真入りの年賀状が簡単に印刷出来るようになりました。

同じような 奇麗な年賀状が届くようになりました。ちゃんと見るのは写真ぐらいかな。手書きでコメントがあれば読みますが、ないものも多い。さらっと見るだけですね。

自分もそうだけど、パソコンで大量印刷、社交辞令っぽい感じへ変わりました。

最近は、そんな年賀状自体も風化してきて、メール、SNSで済ませちゃう人も多いでしょう。年賀状のアプリがあります。LINEで送れます。どんどん効率的になってきています。時代の流れですね。

マナーがどうなのかはわかりません。私は悪いとは思いません。相手次第だと思います。相手に不快感がなければいい。喜んでもらえるなら、そっちの方がいいでしょう。気軽にそっちの方が使える場合もある。

パソコンの大量印刷より、逆に親近感を感じることもあると思う。ただ、文明の進化は効率化にはなるけど、失うものもある気がします。残るのかな? おばちゃん、考え方が古いかな?(^▽^;)

特に子供にとっては、もっと考えたり、工夫したりすることも大事だと思います。子供が楽しそうに作っているのを見て、ふと昔を思い出しました(*^-^*)

消しゴムスタンプで年賀状を作ろう

簡単で楽しいよ

木版画だと大変ですよね。掘るのに時間がかかるし、手が痛くなっちゃう。けど、消しゴムなら掘る力もいらないし楽です。スタンプも押しやすく 失敗が少ないです。手軽に出来ますよ。

用意するのは、消しゴムと彫刻刀。なかなか消えない、使わなくなった消しゴムでもいいです。スタンプすると 絵柄は逆になるので トレーシングペーパーがあると便利です。

手順は イラストを描いて、トレーシングペーパーでなぞり、消しゴムにこすりつけます。

そして、彫刻刀で掘ります。あとは、インクをつけてペッタン。完成です(*^▽^*)

『切れ端ゴム』

練習にお勧めはこれ。いろんな細かい消しゴムがたくさん入っています。120g。これ、いくらだと思います? 100円均一です(*^-^*) 安いんです。

ちゃんと消えないんじゃない?って思うでしょ。これが日本製で 結構良く消えるの。角がそれだけ たくさんあるってことなので、細かい所を消すのに便利なんです。かなり持ちますよ。

大きめの切れ端はスタンプ用にしてます。ハートや星、文字など 簡単なスタンプはこれで たくさん作れます。

『ほるナビ』

ちょっと大きめのイラストを掘りたい場合は少し本格的な『ほるナビ』がお勧めです。簡単な図案入りです。図案には難易度の★もついています。

ダブルカラーで子供が作りやすいと言っていました。SEEDって消しゴムを作っている会社が販売しているんです。この消しゴムです。誰もが知ってる有名な消しゴムですよね。だから しっかりとした製品です。

今回は、年賀状用に葉書の1/2サイズを買いました。300円(税抜き) 小さめの犬と雪だるまとハートを作っていました。図案はネットでフリーのイラストを探すとたくさん出てきます。

SEED ほるナビ 公式ホームページ

パソコンで印刷して、プラス こんな ひと手間かけるだけでも違います。受け取った側も嬉しいのではないでしょうか。親子で一緒に作るのも楽しいですよ。

この『ほるナビ』、サイズや種類もたくさん販売されています。小さなお子さんには彫刻刀がいらないタイプもあります。デラックスセットだと、全部揃っています。大人でも楽しめそうですね(#^.^#)


以上、年賀状の記事を書いてみました。

読んでくださってありがとうございました。

10月から始めたブログですが、お世話になりました。来年もよろしくお願い申し上げます。

って、読者さんいるんかな? (^▽^;)