2019年★小中学生に人気の福袋紹介

インフルエンザB型|休日診療受診の費用|症状・治癒経過記録

新年早々、ずーっと寝込んでいました。まだ、本調子には程遠く、少しずつ身体を慣らしている状態です。

インフルエンザに罹ってたんですよ。それも元旦から( ;´Д`) 今年は楽しく笑おう! 気楽に行こう って抱負記事を書いた あの晩から体調急降下(笑)

いつもは 子供が学校から拾ってくるんです。そして、看病しているうちに移ったことはある。夫が職場でもらってくることもあります。二人はよく罹る。私は、過去に罹った記憶は1回だけ。子供が幼稚園の頃に。

主婦なので罹りにくいんです。出かける時はマスクをよくしているし 手洗い・うがいと予防していたつもりなんだけど、どこで拾ってきちゃったんでしょうね。

ということで隔離されました(;’∀’) これが思った以上に長い隔離生活に。家事は姑がやってくれました。家族で最初に罹ると大変なことを今回思い知りました。後からでも大変だけど、子供に移す心配がなくなるだけ楽ですね。

今のところ、家族みんな無事です。ただ 娘の学校が始まり、クラスの子がインフルAに罹ってるって。。。Aって( ;´Д`)ビビってます。

今日は覚えているうちに その記録を書きますね。

インフルエンザの予防接種が打てない体質

インフルエンザの予防接種を打っていたかどうかで症状の重さが変わってくると思うので、まず最初にこの話を。私、 接種していません。

子供が赤ちゃんの頃、感染が心配で接種しました。打ってすぐから、強烈な痒み。翌日には腕から肘の下までパンパンに熱を持って腫れあがりました。病院に行き、軟膏貰い、アイスノンで3日ぐらい冷やしました。

腕は打った跡を中心に紫色に地図みたいになって怖かったです。打ち身で治っていく過程のよう。卵白アレルギー? いろいろ聞かれました。普段普通に卵を食べていますが、アトピーに花粉症とアレルギー体質ですね。

ここまでになるなら、敢えて接種しなくていいと言われました。ちなみに、娘も予防接種の反応が毎回強く、接種していません。似た体質なんだと思います。娘は重症化しやすいので本当は打ちたいんですけどね。

休日診療を受診するか否かの判断とタイミング

元旦の夜中から多分発熱していたと思う。元旦の昼間は、子供と元気に遊んでいました。ただ喉は痛かったですね。なんか身体がだるい。身体が熱かった。寝苦しかった。

2日の朝に熱を測ると、37.3。平熱36度前半なので微熱。午後には38度超え。夕方には39度。けど、下がり、38度台で落ち着く。喉が異常に痛くて、咽頭炎や扁桃炎じゃないかと思ってました。

3日の朝、38.8度。測り直したら微熱。微熱ってことは大丈夫? これはインフル?

インフルエンザの検査を受けるタイミングは発症してから12時間〜48時間以内。発症48時間以内じゃないと薬の効果がない。お正月で休日診療しかやっていません。近隣の病院が始まる4日まで待ったら、インフルの薬は効かない。

どうしよう。。。

もし インフルだとしても自力で治せるよね? 混んでるし、しんどいなか長時間待つのも。逆に移されるかも。それに費用も高いし・・・などと迷いながらも病院へ。なんとなくインフルな気がした。自分の直感。

思った以上に混んでて44人待ちでした。人が溢れて座る所もない。受付で熱を測ったら36.5。あれ?下がってる。とりあえず一度帰りました。

夫は、熱もう下がってるし、ただの風邪だよ、保険証取りに行くから やめたら?って言ってました。でも、この関節の痛さはインフルっぽい。やっぱり行こうと2時間後にもう一度病院へ行った。トータル2時間半待ちぐらいだったと思う。

喉見て、聴診器当てて「微熱ですけど、インフルエンザの検査を念の為します。かなり痛いですよ」と言いながら綿棒を鼻の穴にぶっ刺されました(;’∀’) 痛くて のけぞりそうになったら、看護師に押さえつけられました。

それから、5分も経たないうちに呼ばれて、結果は『インフルエンザB』

タミフル5日分とカロナールを処方。これ、イナビル・リレンザ等の薬の選択の余地がなかったです。検査・説明は最低限。ひどくなったら、かかりつけ医に再受診をと言われました。

MEMO
めっちゃくちゃ混んでて大変でしたが、何の熱?って その後心配し続けることもなく 原因がわかりホッとしました。インフルエンザの可能性を自分自身で疑ったら、間に合いそうにないなら、やっぱり休日診療を受診すべきだと思います。

インフルエンザで休日診療を受診した場合の費用について

3割負担で4140円でした。休日加算がされている分、やっぱり高いですね。こればっかりはタイミングだから仕方ない。

初診料282点+休日加算250点=532点

 

休日加算は、日・祝日・年末年始(12月29~1月3日)の6時~22時

 

さらに22時~朝6時までだと、深夜加算480点

インフルエンザB型の症状レポ

インフルBって軽い? 微熱で気付かないことがある? いや、そんなことはなかった。確かにね、微熱はダラダラと長いけど。私の場合は、以前に罹ったインフルより症状がひどかった気がします。

タミフル貰い、これですぐ治るかな? と思ったら、熱がなかなか下がらない。これいったい いつまで続くのよ?って不安になり、途中から検索してました。喉もめちゃくちゃ痛かったし。ツイッター見てて、同じ人がいたら安心したり。

(症状など個人差があります。こんな症例もあった程度に参考にして下さいね。)

元旦 発症1日目 喉が痛い。身体がだるい。夜に微熱。食欲はある。

 

1/2 発症2日目 関節が痛い。頭痛。微熱から39度へ。だいたい37.5~38.5あたりをキープ。夜中に高くなる。喉が激痛で唾を飲むのも大変。

 

1/3 発症3日目 休日診療受診。インフル確定。タミフルを飲み始める。吐き気。微熱。夜に38度後半の熱。喉が痛い。カロナール服薬。

 

1/4 発症4日目 微熱。37.0~38.0あたりをうろうろ、深夜に高めになる。関節の痛みが引く。鼻づまり、鼻水。何度も下痢耳も少し痛い。左の耳の下のリンパ腺が腫れる

 

1/5 発症5日目 微熱。夜に37度後半に。喉が激痛で食べられない。夜に近所の内科を受診トラネキサム酸とうがい薬を処方。もう、そろそろ下がると思うと医者に言われる。

 

1/6 発症6日目 微熱。37度前半に。鼻水・。喉の痛みが少なくなる。夜に平熱。

 

1/7 発症7日目 やっと平熱をキープ。身体がスっと軽くなる。咳・鼻水。舌が痛い味覚があまりない


こんな感じの推移で、高熱は2日目、3日目だけなんですが、夜になったら上がる しつこい微熱が続きました。平熱になるまで1週間。

もう微熱は正確にはいつから始まり、いつ治ったかわかりません。そういう意味では、気付くのが遅れるし、解熱のタイミングもわからない。ウィルスをまき散らしてしまいそうです。それがB型の特徴かもしれませんね。

そして、今回、ただただ ひたすら喉が痛かったです。これは私だけ? なので再受診しました。鼻が詰まり 口呼吸になったことで、喉と口の中が乾燥して、余計に痛くなるし、眠れないし。食べられないから栄養不足もあったと思う。味覚は数日で戻りました。熱より喉が痛かったですね。

のどの痛みレポ&対処法については別記事にまとめました↓

喉の激痛を楽にする対処法|薬・市販薬・トローチ・食べ物・飲み物

まぁ、いろんな症状のオンパレードでした。私にとっては、インフルエンザB型は軽くなかったです。タミフルを飲みましたが、劇的な効果は感じられず。今も まだ食欲がないですし、かなり体力消耗しました。

もう罹りたくないですね。娘が拾ってこないことを祈ってます(*^-^*) 以上、インフルエンザB型レポでした。